« ホームページの更新〜コンテンツを更新する〜 | メイン | マークアップの骨格を知る »

htmlによるマークアップについて

ホームページを制作するには、HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)と呼ばれるプログラミング用語を使う必要があります。
通称は、html・html言語・htmlタグ・タグ・マークアップ言語などだが、関連の書籍などでは共通してhtmlと表記しているものが多数。

なぜhtml?

html言語は、インターネット上の情報(ホームページ・ウェッブサイト)を閲覧するときに、異なるマシン環境であっても誰しもが情報を享受・共有することができるように開発された共通の言語です。
例えば、マシンでいうならばウィンドウズ(Windows)とマック(Mac・Macintosh)、ブラウザにはIE(InternetExplorer)とNS(Netscape)、Firefox、Safariなどその環境はさまざまです。
そしてまた人間だけでなくコンピュータにも理解させるための双方のための言語でもあるのです。

タグと要素

htmlプログラミング用語は、< >(山括弧(やまかっこ))にはさまれ、それらはタグと呼ばれています。
タグは、<○○>で始まり、</○○>の/(スラッシュ)が入ったタグで閉じられなくてはなりません。

<○○>を開始タグ
</○○>を終了タグと呼びます。

○○の中にはそれぞれ意味を表す定められた要素と呼ばれるタグが入ります。
その全ては英数字です。日本語や全角の文字は使えません。

タグは文字列の表す意味によって使い分ける

タグはその用途によって使用する種類が分けられているのです。
タグは文章構造にそった使い方をすることが、W3Cにおいて定められています。

例えば、『Web標準に準拠したホームページの制作を心がけよう。』という文章を段落として表示するには、<p>Web標準に準拠したホームページの制作を心がけよう。</p> Pタグを使って表示させます。
Pタグをつけたことで、この文字列は段落だとわかるようになります。

また文書の最上段の見出しを表すには、<h1>Web標準に準拠したホームページの制作</h1>h1タグを使います。

そしてタグではさまれた部分を要素の内容といいます。この場合、

Web標準に準拠したホームページの制作
部分が要素内容です。

マークアップとhtmlコーディング
タグをつけることで『この文字列は何を表しているか?』をわかるようにします。

例えばワープロソフトなどでレポートを作成するときにも、タイトルをつけ、見出しや段落、段落内改行、箇条書きなどを使い文書を読みやすく整えると思います。
それと同じようにhtmlにもタイトル、見出し、段落などをあらわす要素タグが用意されているのです。

このように文字列を意味に合わせたタグで表現することをマークアップするといいます。

ワープロで作成した文書をhtml(Web上、ブラウザで読むための言語、つまりホームページ)に書き換えること(マークアップすること)をhtmlコーディングと呼んでいます。

マークアップとhtmlコーディングと呼び方は異なりますが、その意味するところは同じです。

ホームページの精度はマークアップで決まる!?

制作側が意図することを正しくユーザに伝えるためにも正しくマークアップすることはもちろんですが、正しいマークアップはコンピュータにも理解しやすいのです。よって正しいマークアップはホームページの精度を上げることにも必要不可欠だと思います。

マークアップの仕方ひとつで、ホームページの精度は変ってきます。
Web標準に準拠したページをつくるもつくらないも作り手次第ですが、これから未来に向けてWeb標準しませんか?

*Tips

W3C公式ホームページ
こちらで日本語に訳されたものの一部を読むことができます
Search for より[日本語(Japanese)]を選択 →[Submit]をクリックします。
また、こちらW3Cの仕様書等の文書の日本語訳集も参考まで。

W3Cにて定められた使い方に準拠した制作を心がけることが、これから先のウェブスタンダードとなるWeb標準としてのホームページ作りの第一歩ではないでしょうか。



« ホームページの更新〜コンテンツを更新する〜 | メイン | マークアップの骨格を知る »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ajcorp.jp/mt/mt-tb.cgi/258

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)