« 必要な環境づくり〜テキストエディタ〜 | メイン | htmlによるマークアップについて »

ホームページの更新〜コンテンツを更新する〜

更新(修正)したいデータファイル(***.html等ファイル名)をテキストエディタ(この場合はTeraPadで説明)で開きます。

テキストエディタでデータファイルを開くには

例:
ffftpフォルダの中の
AJフォルダ内の
『index.html』を更新するファイルとします。

データファイルをそのままダブルクリック等で開くと、通常はブラウザで開きます。
それだと編集することができませんので、下記の方法で開きます。

ファイル(index.html)上で右クリック→「プログラムから開く」→「TeraPad」を選択。

一覧に「TeraPad」が表示されない場合は、「プログラムから開く」→「プログラムの選択」→「プログラム」の中から「TeraPad」を選択します。

その中にも表示されていない場合は、[参照]ボタンをクリック→ファイルの場所ProgramFiles等から「TeraPad」を選択→「TeraPad.exe」を[開く]ボタンまたはダブルクリックで決定します。

内容を更新、修正します。その際に、マークアップされたタグ(タグについては後述のhtmlによるマークアップについてをご参照願います。)を間違って削除しないように注意します。ここではコンテンツとしてのテキスト文章のみを対象としています。

検索機能

ホームページの更新箇所がすぐにわかる場合はいいのですが、例えばその場所を探すために長くスクロールをするのが手間に感じることがあります。そんな時は検索機能を使います。
まず文字列をコピー

あらかじめ検索で表示させる文字列をコピーしておくと便利です。(ホームページ上で文字を選択した状態で、Ctrl+Cキーを押すことでもコピーできます。)

検索窓を開き文字列をペーストして検索

メニューの双眼鏡のボタンをクリック または、Ctrl+Fキーで検索窓を開きます。
[検索する文字列]欄に先ほどコピーした文字列をペーストします。(Ctrl+Vキーで貼り付け)
Ctrl+Fキーで検索窓を表示

例は、「お知らせ」という文字列を検索しています。
[次を検索]ボタンをクリックします。またはEnterキーを押すことで順次同じ文字列を検索して表示してくれます。。

検索結果(TeraPadで開いたindex.htmlファイル)

こうすると簡単に修正したい箇所を見つけることができます。

また検索中にEnterキーを押すと、検索ウィンドウは閉じられますが、F3キーを押すことで同じ文字を検索することができます。
いまあるカーソルの場所から見て下を検索する場合は、F3キーですが、上を検索する場合はShift+F3キーとなります。

文字列の更新等が済んだら、保存します。(保存後も元に戻るボタンまたは、Ctrl+Zキーは有効です。)

アップロード本番前に確認

アップロードする前に、ローカル上でブラウザを開き確認することができます。

メニューに登録されているブラウザのボタンが表示されています。ここではIE(インターネットエクスプローラ)とNS(ネットスケープナビゲータ)が登録。
ボタンをクリックするとブラウザが開き、ホームページが表示されます。
(メニュー →「ツール」からも同様)

それ以外のブラウザでの確認は、メニュー「ツール」→「ツールの設定」で追加できます。

確認が済んだら、さっそくアップロードしてみましょう。
アップロードの方法は、データのダウンロードとアップロード〜FTP〜を参考にしてください。

*Tips
  • 更新前のデータファイルを残しておきたい場合は、名前を変えて保存するか、バックアップファイルを作成しておきましょう。
  • 更新の都度FFFTPフォルダ内からデータファイルへのアクセスが面倒くさいと思われる場合は、デスクトップなどにショートカットを作成しておくとよいでしょう。わたしはフォルダのショートカットをディスクトップに作ってすぐにフォルダを開けるようにしています。

« 必要な環境づくり〜テキストエディタ〜 | メイン | htmlによるマークアップについて »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ajcorp.jp/mt/mt-tb.cgi/257

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)